物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

七十二候ものがたり

2018/02/19 土脈潤起(どみゃくうるおいおこる)

IMG_0492

 

濡れた前髪がおでこにはりつき、ほっぺたにもいっぱい雨の雫をつけたまま、それでもみよこは嬉しそうに手のひらを空に向けて、
「あのねおじいちゃん、こないだ雨が降ったときすごく冷たかったの、雪みたいに」
「ああ、だから早く着替えなさい」
「でも、今日の雨は、なんだかあったかいんだよ」
それを聞いたおじいさんは、ちょうど今日が二十四節気の”雨水”だったことを思い出しました。
みよこは、ぬかるんだ土の上で足踏みをしながら、
「地面もね、雨に濡れるのが気持ちいいって、こないだまでほんとにぎゅって縮こまってたんだよ、でも今日は、柔らかくなって、むくむくむくむく、おはようって言ってるみたい」

 

二十四節気”雨水”の初候
『土脈潤起(どみゃくうるおいおこる)』〜 二月十九日から二月二十三日

 

※ おはなしのフルバージョンは仕立てとおはなし処Dozoでどうぞ(詳細はこちら

 

※ 2018年、『七十二候ものがたり』を始めるに当たって綴った思いはこちら

 

※ 『七十二候ものがたり』を音声でお聞きになりたいこちら

TOP