物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

七十二候ものがたり

2018/02/24 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

08

 

「ちょっとあのお山見て」
西の方に二つ兄弟みたいに並んでいる山を、みよこは指さして、
「みよこ、あのお山大好きでさ、いつもすごく可愛いんだけど、でも今日は、昨日までとちょっと違って見えるっていうか、ときどきすぅっと白く見えなくなって、またすぅっと見えてきて、またすぅっと白くなって、なんだかすごくきれいで、見てると吸い込まれるみたいになっていつまででも見ちゃうの…」
おじいさんも、みよこと並んで、その二つの山のほうを見やりました。
「ははぁ、霞じゃな、山に霞が立ちはじめたんじゃ、凍るみたいだった冷たい空気が少しずつ溶けてきているんじゃよ」
「そうかぁ、空気が溶けると、お山も変わって見えるんだね」

 

二十四節気”雨水”の次候
『霞始靆(かすみはじめてたなびく)』〜 二月二十四日から二月二十八日

 

※ おはなしのフルバージョンは仕立てとおはなし処Dozoでどうぞ(詳細はこちら

 

※ 2018年、『七十二候ものがたり』を始めるに当たって綴った思いはこちら

 

※ 『七十二候ものがたり』を音声でお聞きになりたいこちら

TOP