物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

七十二候ものがたり

2018/04/15 ​虹始見(にじはじめてあらわる)

sc128228

 

「春は本当にころころ天気が変わりよる」おじいさんが雨を見上げながら言いました。
「あんなにいい天気だったのにね」そう言ってみよこがおじいさんに顔を向けると、鼻の頭に残っていた雨つぶがきらっと光りました。
「おお、また日が射してきよった」
「うわぁ、春って本当にころころ変わるんだね」そう言ってみよこは表へ飛びだしていきました。
「おいおいみよこ、まだ雨は上がっとらんぞ」
「おじいちゃん」
雲から顔を覗かせたお日さまがきらきらと照らしている空に向かって立ち尽くすみよこ。
「虹が出てるよ」
言われておじいさんも表へ出ました。
「空気がよっぽど潤ってきたんじゃな、いよいよ夏に向かっとる」

 

二十四節気”清明”の末候
『虹始見(にじはじめてあらわる)』〜 四月十五日から四月十九日頃

 

※ 絵 / 芳雪

 

※ おはなしのフルバージョンは仕立てとおはなし処Dozoでどうぞ(詳細はこちら)

 

※ 2018年、『七十二候ものがたり』を始めるに当たって綴った思いはこちら。

 

※ 『七十二候ものがたり』を音声でお聞きになりたい方はこちら。

TOP