物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

七十二候ものがたり

2018/04/25 霜止出苗(しもやんでなえいずる)

DSCF5948

 

「和尚さん、今日もみよこちゃんと一緒ですか、ここのところよくお出でになって」
「うむ、今年はちゃんとお前さんがたの仕事をな、この子によく見せてやりたいと思うて、これからきっと秋に米ができるまで、この田んぼの周りではいろいろなことが起きるじゃろうから」
「おじいちゃん!」
みよこが、畔の下につくられていた苗代を指さしました。
「おお、もう苗が伸びてきとるじゃないか」
「ええ、ここ二、三日で急に」
「なんか可愛いねぇ、おじいちゃん」
「霜が降りんといいがのぉ」
「和尚さん、おっかねぇこといわんでくださいよ」
「おっかない? 霜が?」
「だよ、みよこちゃん、苗はなぁ、霜が大嫌いなんだ」
「でも、もう霜なんて降りないでしょ?」とみよこが言うとおじいさんが
「そうとも言い切れんぞ、八十八夜の別れ霜と言ってな、そこを過ぎればさすがにもう霜の心配はなくなるんじゃが、八十八夜まではまだ何日かある」

 

二十四節気”穀雨”の次候

『霜止出苗(しもやんでなえいずる)』〜 四月二十五日から四月二十九日頃

 

※ おはなしのフルバージョンは仕立てとおはなし処Dozoでどうぞ(詳細はこちら

 

※ 2018年、『七十二候ものがたり』を始めるに当たって綴った思いはこちら

 

※ 『七十二候ものがたり』を音声でお聞きになりたいこちら

TOP