物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

ものがたりの錬金術

2018/10/10 語る文章、書く文章、読む文章

IMG_1032

 

もうよく覚えていないが、

「writer」と名刺に記していた時期がたしかあったと思う。

そしてもちろんその頃はそういうお仕事をさせていただいていたのだろう。

 

これも記憶がはっきりと定かでないが、

「物語屋」を名乗るようになるのと前後してのことだったか、

なんとなく”そういうお仕事”から離れるようになっていった。

 

語るための文章は、書く文章と違う。

文字で読む文章とも違う。

 

暮らしている地元で誰に頼まれたわけでもなく新聞の発行を思い立ち、

2号を数えたそちらに記したコラムにしてもイベントのレポート記事にしても、

まさにディス・イズ・ザ・ライター!炸裂の文章となり、

 

書くための文章は、語るための文章と違う。

 

久しぶりにやってみて、楽しかった。

実は以前はあまり楽しくなくなっていた。なんとなく離れていったのはそれもあった。

 

仕事が絡んでいないのも大きいのかもしれないけれど(笑)、

われながら「筆が乗っている」のが自分でもわかった、

まるで「writer」を始めた頃の感覚、とでもいうか、

 

こういうのって忘れちゃいけないんだろうな、

と思う一方で、

物語屋で「語る文章」をやる前、

つまり名刺に「writer」と記していた頃の自分には、

おそらく今回の「書く文章」は書けなかった。

 

TOP