物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

ものがたりの錬金術

2019/05/17 川の中の鞠遊び – 語りCD『山木守』から 5

IMG_4399

 

「ほらぁ、だから言ったでしょ」
桐子の手から、つ、と離れた鞠は足元に落ちて、そのままころころと転がっていくのを追いかける間もなく、橋から、下の川に落ちてしまった。
「こんなところで遊んだらどこか転がっていっちゃうよ、て、聞かないから」
お母さんは言うけど、でも桐子としては、自分で遊んだというより鞠のほうが勝手に手から離れていった気がした。まるで、川に行きたがったみたいに。
「あきらめなさい、あれじゃもう取れないから」

 

 

家の近くを流れている小さな川に、
昔、河童がいたそうだ。

 

それを受けるような気持ちでごくごく自然にできていった、
昔河童がいたのを引き継ぎながら、
「川に伝わる話」がどんどん豊かになっていくといい。

 

実際に鞠が川に落ちていたのを目にしたし、
その鞠は日に日に動いたし、
だからきっとどんな昔話もまるっきりの作り話ではありえない、
それを、
おはなしに出てくる子どもたちの声に耳をゆだねながら、しみじみと感じた。

 

早く、ライブで語ってみたい、おはなし。

 

※ 物語屋の語りCD『山木守』の詳細はこちら

TOP