物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

物語屋ブログ

2018/03/12 どこか誰かのものがたり

  ものがたりは不思議です。   ある場所の紹介イベントなどでそこの普段の暮らしをものがた…

2018/03/08 新しもの好きの関野町餅搗き歌

  物語屋なんてことをやっていると逆(つまり「古いもの」を大切にする人)に思われがちだけど、 映画と…

2018/03/06 ​ 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

  おじいさんが、幾つか用を済ませてから庭のほうに回ると、みよこはまださっきと同じ格好で土を睨みつけ…

2018/03/01 草木萌動(そうもくめばえいずる)

    「おじいちゃん、お寺の階段の下の木に、ちっちゃい葉っぱが生えてきてたよ」 それを聞…

2018/02/24 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

  「ちょっとあのお山見て」 西の方に二つ兄弟みたいに並んでいる山を、みよこは指さして、 「みよこ、…

2018/02/19 土脈潤起(どみゃくうるおいおこる)

  濡れた前髪がおでこにはりつき、ほっぺたにもいっぱい雨の雫をつけたまま、それでもみよこは嬉しそうに…

2018/02/14 魚上氷(うおこおりをいずる)

  おじいさんは、みよこと並んでその水を覗きこみました。 「さすがにまだかのぉ」 「何が?」 「いや…

2018/02/11 耳なし芳一

  例えばお芝居とか歌舞伎とか講談とかで『四谷怪談』をやるとき、 監督や演者さんたちは事前に四谷のお…

2018/02/09 黄鶯​睍睆(うぐいすなく)

  廊下を走って近づいてくるいつもの足音、その間にも山から聞こえてくる鳴き声がもう一度繰り返して、 …

2018/02/04 東風解凍(はるかぜこおりをとく)

  「おお、みよこ、いつの間に来てたんじゃ?」 「うん、池を見てたの」 「池? ああ、でも、凍ってる…

TOP