物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

物語屋ブログ

2019/05/11 山木守のはなし − 語りCD『山木守』から 2

  あの子が、わたしには見えんもの見たって、聞こえんもの聞いたって、 しょっちゅうどこやら飛び歩くよ…

2019/05/10 しゅる しゅる しゅる − 語りCD『山木守』から 1

  聴こえるはずのないその音に誘われるように向いていく。 曇り空に立つ木の、はりめぐらされた枝の緑に…

2019/02/26 自分のなかにあるもの

  冒頭、バスが坂を下ってくるシーンはなんと、 一番初めのSTAR WARS(episode IV)…

2019/01/29 「残る」こと

  記憶に残る体験というものがある。   クランクインは晩秋、クランクアップは初冬。 朝の…

2019/01/01 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)

  雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)   お寺の庭が、一面真っ白に覆われていました。 空…

2018/12/28 麋角解(おおしかのつのおつる)

  麋角解(おおしかのつのおつる)   みよこは、道の脇をなだらかにのぼっていく林のほうを…

2018/12/22 乃東生(なつかれくさしょうず)

乃東生(なつかれくさしょうず)   … 「ついさっきお昼だったのに、もうあんなところに」 みよこが「…

2018/12/17 鱖魚群(さけのうおむらがる)

  おじいさんとみよこは、久しぶりにお寺の裏をのぼった沢に来ていました。 ここのところ、空とか木とか…

2018/12/12 熊蟄穴(くまあなにこもる)

  夕方、おじいさんがお寺の階段の下で掃き掃除をしているところに、みよこがやってきました。 「最近、…

2018/12/07 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

    「色が、ないね」 縁側から空を見ながらみよこが呟きました。座敷で手紙を書いていたお…

TOP