物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

物語屋ブログ

2018/10/03 水始涸(みずはじめてかるる)

  その日、おじいさんのお寺の用事にみよこもくっついて一緒に出かけていき、その途中の道で、 「和尚さ…

2018/10/01 『お母さんに返しといて』雑感(想像力は創造力に通じる 2)

  初めは戸惑った。   普段「語り」をやるときに使うのは声とそれから言葉だけ、昔話でも神…

2018/09/28 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

  おじいさんとみよこは、何枚もの紙を広げた座敷にいました。紙は、これまでおじいさんとみよこ二人で見…

2018/09/23 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

  「みよこ、この間、ツバメが帰っていく話をしたが、夏の間はよく見られたのに、いつの間にかあまり見な…

2018/09/18 玄鳥至(つばめさる)

  稲刈りが近づいています。田んぼではお百姓さんたちがあれこれ忙しそうに動きまわっていました。 みよ…

2018/09/13 鶺鴒鳴(せきれいなく)

  「いつの間にか蝉が鳴かなくなったね」 みよこはお寺の縁側に腰を下ろし、足をぷらぷらさせながら空を…

2018/09/08 草露白(くさのつゆしろし)

  「ここにもないなぁ」とみよこは言いました。 お寺の庭を一緒に歩きながら、おじいさんを引っ張るよう…

2018/09/04 台風の市ヶ谷

  青い空のお休み   晴れているときは隠れたりところどころに貼りついたりしているだけの雲…

2018/09/02 禾乃登(こくものすなわちみのる)

  道を歩いていてみよこは、うしろから呼びとめられました。 「みよこちゃん」 振り向くと、村の若い衆…

2018/08/28 天地始粛(てんちはじめてさむし)

  昨日みよこはおじいさんに、いつまでも暑いのが全然変わらないと愚痴をこぼしました。 「ヒグラシが鳴…

TOP