物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

物語屋ブログ

2018/05/31 麦秋至(むぎのときいたる)

  冬に蒔かれた麦が穂を伸ばし、夕方の風に吹かれて波を打つ様は本当に見事でした。 その一面の穂が黄金…

2018/05/26 紅花栄(べにばなさかう)

  おじいさんとみよこは、畦を並んで歩いていました。田んぼの水がキラキラとお日さまに光っていました。…

2018/05/21 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

  朝から書き物をしていたおじいさんは、障子を照らす陽射しがだんだん明るくなっていくのに誘われるよう…

2018/05/16 竹笋生(たけのこしょうず)

  みよこは、裏の竹やぶの中におじいさんを引っ張っていくと、湿った土から出てきているタケノコを指さし…

2018/05/12 想像力は創造力に通じる

  少し前から少し離れる必要を感じていた。 少しの時間少しの距離でよかった。   今いる世…

2018/05/11 ​蚯蚓出(みみずいずる)

  花壇というと大げさなのですが、お寺の境内に続く小路に沿って季節の花が咲くのを、おじいさんは大事に…

2018/05/05 蛙始鳴(かえるはじめてなく)

  夜のうちに降っていた雨はもうすっかり上がっていて、きらきらと朝日を返す雨粒の光が、春のそれとはは…

2018/04/30 牡丹華(ぼたんはなさく)

  午前中のお経を終えたおじいさんは、縁側に座って庭を眺めていました。 庭には、藤が咲いて、躑躅が咲…

2018/04/25 霜止出苗(しもやんでなえいずる)

  「和尚さん、今日もみよこちゃんと一緒ですか、ここのところよくお出でになって」 「うむ、今年はちゃ…

2018/04/20 ​葭始生(あしはじめてしょうず)

  さしていた傘で気がつかなかったのですが、いつの間にかすぐ前に、村の若い衆が立っていました。 「よ…

TOP