物語屋

042-315-6853

〒184-0001 東京都小金井市関野町2-3-11

ブログ

七十二候ものがたり

2018/07/12 蓮始開(はすはじめてひらく)

  おじいさんはお寺の本堂でお経を上げていました。 上げながらおじいさんは、「早くしないと終わってし…

2018/07/07 温風至(あつかぜいたる)

  …朝のうちは晴れていたのですが、お昼過ぎにみよこがお寺に遊びに来てしばらくすると、急に空が暗くな…

2018/07/02 半夏生(はんげしょうず)

  おじいさんとみよこは、二人で並んで田んぼの畦に向かって歩いていました。空は晴れていたのですが、い…

2018/06/27 菖蒲華(あやめはなさく)

  朝はやんでいた雨が、また細かく庭を濡らしていました。紫陽花が気持ちよさそうに咲いていました。 「…

2018/06/21 乃東枯(ないとうかるる)

  「みよこ、ウツボ草がどうかしたか?」 「うん、なんだかずっと気になっててね、たぶん菜の花が終わる…

2018/06/16 梅子黄(うめのみきなり)

  雨がポツリポツリと降りはじめ、おじいさんはみよこの頭の上に傘をさしました。 雨の先に立っている木…

2018/06/11 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

  「おじいちゃん」とみよこが言いました。「草ってさ、腐る?」 「ん? どういうことだ?」 「うちの…

2018/06/06 蟷螂生(かまきりしょうず)

  もうじき田植え祭りが始まります。 今日は、「芒のある穀類嫁種する時なり」の“芒種“。芒、とは、植…

2018/05/31 麦秋至(むぎのときいたる)

  冬に蒔かれた麦が穂を伸ばし、夕方の風に吹かれて波を打つ様は本当に見事でした。 その一面の穂が黄金…

2018/05/26 紅花栄(べにばなさかう)

  おじいさんとみよこは、畦を並んで歩いていました。田んぼの水がキラキラとお日さまに光っていました。…

TOP